レース1ヶ月前からのトレーニング方法について

6月の五島トライアスロンまでレースまであと4weeksとなりました。

先々週と先週のトレーニングを計画通り行うことができず、計画よりもCTLが低くなってしまいました。

TTバイクを組んでいました

実はロングレース用として、フレーム状態からTTバイクを組んでいました。
この組み立ておよび各調整に予想以上の時間がかかり、ロングの練習日を1日失ってしまいました・・・。

すべてのバーツの取り付けも完了し、最終の微調整段階にて、なんとサドルのパーツを破損させてしまいまして・・・・。
このTTバイクはレースで乗れないことになってしまいました・・・。

その後、TTバイクに移植したいくつかのパーツを、元のロードバイクに移植しなおして、現在に至ります。

TTバイクを修理する時間がない理由

バイクは明後日日本に運ぶことになっています。
わたしがレース前に日本に帰国したのち、バイクを五島列島に発送するのでは輸送が間に合わないのです。
一足先に帰国する妻にバイクを持って帰ってもらうことにしました。

なので、もう破損したパーツを入手する時間すらないのです。

乗れなくなったTTバイク、1ヶ月前にバイクを輸送してしまうので、これからのトレーニングは、通勤用に使っていたロードバイクに
TTバイクのパーツを移植して、乗れるようにします。クランクとパワーメーターくらいですがね。

そんなことで、バイク整備にかなり時間が取られておりました。

無理してTSSを積むのは厳禁

今からこの不足分を取り戻すには、計画よりも450TSS多く積まなくてはなりません。
ここは潔くあきらめて今からレース当日に向けたトレーニングをしていくことにします。

では、先週のTraining Reviewです。

Overall

予定TSS750に対して実績TSS495となり、大幅にショートしました。

結果的には、CTLは2低下、同時にATLも15下がることになりました。

 

今後のトレーニングについて

今週はなんとか700TSSを積むようにして、その翌週からはパフォーマンス維持に入ろうと思います。

今からどんなに頑張ってもパフォーマンスの向上は望めません。

心肺機能と筋力を落とさないように、そして疲労がたまらないようにトレーニングします。

いくつかの不安事項があるので、それをなんとかこの1ヶ月で確認、実践しておきたいと思います。

スイム

3000mは泳いでいるが、4000mは実施していない
連続で泳ぐ必要はないが、トータルでこの距離を泳いでおく
休憩を挟みながらで良く、その強度は中程度とする

バイク

サドルを交換したので、ポジションをしっかり出しておくこと
チュープラータイヤへのシーラント充填

ラン

30kmを通して走ってないのが不安。やるべきか悩み中
20kmまでに抑えた方がよい気もする

どの種目もほぼペースは決まったので、このレースペースと刺激入れの高強度をまぜながらトレーニングを行い、
疲労を感じたら連続してトレーニングを行わない予定にしていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です