回復しつつある腰痛の状況説明

腰痛の図解です。

回復しつつなるとはいえ、前屈するとちょっと怖いです。
たまに電気が走ります。

「パンツを2秒ではけ!」って言われたら、ちょっと怖い感じがします。
ゆっくり5秒かけて履くなら安心です。

普通に勢いをつけて,さくっとはけるようになればいいんですけども。
伝わりますか?、この恐怖感を・・・・。

痛みのあるところを示します。

 

IMG 2907

iPad Pro 10.5の絵画機能をメモ帳で使ってみました。
絵自体は下手ですが、このツールはなかなか使えるかもしれません。

筋肉図鑑によると、脊柱起立筋の下の方か、もしくは多裂筋の下の方と思います。
自分ではおそらく多裂筋かなと思ってます。

筋肉名称はどうでもよく、痛みポイントが1番伝えたいことです。

深層にある筋肉のようで、なかなか回復しにくいという印象です。

ただこの「シコリ」もだんだん小さくなっていること、そして柔らかくなってきていることから回復基調ということです

ここでいきなりトレーニングを始めてまた痛めたら、休養を取っている意味がそれこそなくなってしまいます。

我慢もトレーニングですね。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です