TSS(Traning Stress Score)とは?トライアスロンのトレーニングには疲労の管理が必須!

TSSの説明に関する原文は以下のように英語です。

What Is TSS?

Normalized Power, Intensity Factor and Training Stress Score

これらを読むと理解できるのですが、英語ですので読み解くのに根気がいります。
大変ですので、わたしが必要な部分をピックアップして説明します。

Training StressScore®(TSS®)の定義

60分間のトレーニングである運動をオールアウト(完全に力を出し切った状態でもうそれ以上運動ができないくらいの疲労)した際、その時の疲労度を100 TSSと定義しています。

実際にはほとんどのトレーニングはオールアウトで完了することはできませんので、1時間あたり100TSS未満となります。

トレーニングの強度を落とし、時間を延ばすことで、1回のトレーニングで100以上のTSSを得ることができます。
しかし、1時間あたりのTSSが100を超えることは絶対にありません。

もし超えた場合には、基準となる数値が低いということになります。こうなると適切な疲労管理はできません。基準値の見直しが必要です。

強度を下げることで長い時間動くことができます。

そして「短時間高強度」でも「長時間低強度」でも同じTSSであれば、疲労度は同等であると解釈します。(ただし、トレーニングの効果は異なります。)

TSSの適用範囲

TSSはトライアスリート、サイクリスト、ランナー、スイマーなどすべての耐久性スポーツに適用することができます。

つまりパワー、ペースまたは心拍数のデータを含むトレーニングにはTSS値を割り当てることができることになります。

そして種目が異なっても、TSSが同じであれば同じ疲労度と理解することができます。

1日当たりのトレーニングストレススコア(TSS®)の目安

TSSが150未満 – 低(回復は概ね翌日までに完了)
150-300 – 中程度(翌日には疲労が残っているかもしれないが、2日目には疲れがとれる)
300-450 – 高(2日後でも若干の残留疲労が存在する可能性がある)
450以上 – 非常に高い(数日続く可能性がある残留疲労)

同様に累積TSS /週または月を使用すると、過剰訓練ではなく改善の余地があるトレーニングの最大強度と最大量を特定するのに役立ちます。

ではでは。

関連記事>>>TSSをベースにしたトレーニング管理方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です