レース2ヶ月前のトレーニング(強化期)

先週のTraining Reviewです。(レースまであと7weeks)

Overall

週間トレーニングの予定と実績確認

先週は、予定TSS850に対して実績879となり、予定をクリアしました。

トレーニング時間も15時間くらいとれているのでOKでしょう。

ATP計画の確認

レースに向けた17週トレーニング計画を確認しておきます。


今のところ予定通りです。(左から週間計画TSS、次が実績、CTL予定上昇分、計画CTL、実績CTL)

本来であれば、ロングのCTLはもっと高い数値を目指したほうがよいのですが、わたしは年始に腰痛が出てしまいまして、大幅にスタートが遅れました。

これを取れ戻そうとすると、週間TSSをもっと高くしなければなりません。
そうなると、週間TSSが現実的ではなくなったのです。

ですから、今はレース時で85目標になっています。

ちなみに、週間計画でTSSが1100を越えているのは、きついTSSで設定した場合を計画としていれてあります。
実際には、週間トレーニングの計画分をクリアしたら、無理をしないで休息をとってしまいますね。

CTL、ATLの確認

CTLは7上昇、ATLは23上昇です。

種目別トレーニングバランス

バイクがどうしても多くなってしまいます。
スイムはもう一回増やしたいのですが・・・なかなか時間を工面できず・・・

ランは計画が多すぎたたかもしれません
疲労抜きジョグでもいれておかないといけないのですがね・・・

バイク

平日のしっかり乗れていますし、土曜日の補給確認ライドもうまくいきました。

Training report(18/04/21) バイク150kmからのブリックラン5km走で確認したこと

180kmのBikeは、実際のレースでも問題ない見込みが得られました。
しかし、ランにどれだけの余裕を持ってバイクを終了できるかは不安です。

次回は所定量の補給を持って、150-180km走った後で、ラン20km走って余力を確認しておこうと思います。

ラン

インターバル走6kmとブリックラン5km走を行ないました。
やはりちょっと距離が足りてません。

心肺機能はバイクのトレーニングと兼ねられるのですが、脚力は走らないと向上しませんからね。
今週はできるだけ走るようにします。

スイム

週間では3500m。
予定が未達成になってしまいました。

先週は、前回の気づきを活かして、グライド中の腹筋周りの力の入れ具合(腹圧保持)を相当意識しました。

”キックを打つ際、弓のようにして体幹で打つように練習しており、この時に、腰を反らせ、腹筋を弛緩させてから、打つようにしています。
で、この打った後も緩んだままだと、腰も落ちて抵抗になるということで、なんとなく腹筋に力を入れてました。

この「なんとなく」では全然だめだったのです!!

思った以上に腹圧をしっかり入れることで、ひとかきの距離も伸びた(気がする)し、腰も痛まなくなりました。”

今のところ、これで良さそうです。

 

まとめ

強化期3が無事終了して、今週はリカバリー週。
予定TSSは、TSS 500です。

土日までに疲労をしっかり抜くことができたら、もう一度ロングをするかもしれません。
(あ、いや来週の方がいいかな・・・)

バイク
距離を少なくし、強度を上げてみます。トータルTSSは下げます。

ラン
ゆっくりでもいいので距離を踏むことと、1回はインターバル走を実施

スイム
リカバリースイムの練習、具体的には心拍が上がった状態から、泳ぎながら心拍を下げる練習
200-300を数本泳ぎ、筋持久力を刺激するトレーニングの実施

こんな感じでいきます。

ではでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です