バイクの地脚とランの地脚の違いについて

バイク70kmで気が付いたこと

初めの20kmをウォーミングアップとして、Zone4以上のパワーで10kmを4本、残り10kmをZone3以下のパワーで行く感じでした。

結果として、あまり心拍が上がらないなりにパワーが継続できるようになってきたので、少しずつパフォーマンスが上がっているかもしれません。

脚のダメージもほとんどなく、疲れはとにかく心肺機能のみですね。

ランのトレーニングで気が付いたこと

体がたいぶ疲労していても、心拍が上がらないくらい疲労していても、「地脚作り」は何としてもやっておかねばなりません。

そこで10kmを平均にして6:30min/kmのペースで行いました。

筋力的にというよりも、心肺機能の反応が悪くZone3に入ってくれませんでした。ペースも上がるわけありません。疲れていても走れる技術を確認するため、距離も5kmでやめず10kmまで持っていきました。

どんなに疲れていても30kmをこれくらいペースじ走り続けられる脚ができれぱ、だいぶ安心できます。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です