バイク高負荷トレーニングで心肺機能を向上させる方法

腰痛も少しずつ快復の兆しが出た後には、少しずつ負荷を上げていくことを考えます。

腰痛回復段階でのリハビリにはバイクのローラートレーニングがおすすめに引き続き、バイクのトレーニングを行いました。

Overall

IMG 3056

今のところ日毎に負荷を上げることができています。
時間にして40分、残りの5分はCoolingDownでした。

出力は20分平均で216W、NPで195Wなので、わたしにしては良い方です。

 

以下はリライト前の話になります。

自動検出で得られるFTPがどんどん下がっているのはちょっと気になります。

というのも、リハビリを開始してからのトレーニングでは、今日が1番高い数字が出ると思ったからです。
予想に反した結果となりました。

今後はどのようにFTPが検出されるのか観察するため、新FTPが検出されるごとに削除せずに登録することにします。
==>最新の状況では固定値にしております。

注意点としては、TSSによる疲労管理には、TrainingPeaks側でしっかり行うこととします。

 

心拍

IMG 3057

平均値で155bpm max180bpm届きました。
バイクで検出した最高値ではないかと思います。

LTHRが164bpmでしたので、170bpmを超えてからはかなり苦しかったんですけど、180bpmを叩いた後の165bpmはなぜか楽でしたね。
やはり高強度は新しい発見があります。さて、一般的には最大心拍数の計算は、「220 −年齢」で得ることができます。
わたしの場合は、178bpmということになります。

今回は、まだリハビリ段階なのにバイクで180bpmでましたし、Runのトレーニングでも最後のWindSprintで179bpmにさくっと到達したことを考えると、わたしの最大心拍数はもっと上にある気がします。
==>わたしのバイクのMAX心拍数は185bpmです。

頻繁には挑戦できませんが、改めてRunでも確認してみようと思います。

Training Effect(TE)

これぐらい十分に心拍に負荷がかけられると、TEも4を超えてくれて短時間でもそれなりの練習効果が得られます。

最近はこの手法が大好きです。

このトレーニングを続けていれば、VO2MAXもそのうち戻ってくれることでしょう。

こちらの話になりますので、読んでみてください。
Garmin watchの「VO2MAX」の解釈の仕方を考えました

Heartrate ZONEとPower ZONE

PowerZoneでは、Zone4以上で50%以上、HeartrateZoneもZone4以上で50%以上占めているで満足です。

IMG 3059

まとめ

30-40分もあれば、トレーニング効果の高いトレーニングを行うことができます。

この場合のトレーニング効果とは、どの心拍数領域でトレーニングを行ったかに依存します。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です