技術士二次試験 受験申込書作成指南書: 一発合格した私のノウハウを完全公開!

技術士トライアスリートのぶちょーです。

こちらを読んでいただいているということはあなたは技術士の二次試験に臨もうと決意された方だと思います。

結論から言いますとこの指南書をすべて読みしっかり実践すれば、受験申込書の記載内容の出来により不合格になることはありません。

そして、筆記試験合格後にはなんの不安もなく口頭試験対策ができるようになります。

わたしは数年前に技術士二次試験(化学部門)に30代で一発で合格しております。

技術士(化学部門)二次試験一発合格者の合格体験記

実は自身のブログにこの内容を公開していたのですが、この内容であれば有料にしてもよいのではというアドバイスをもらい、ブログの内容を加筆修正した上で、有料公開することにしました。

もちろん、今までのブログページには、このnoteへのリンクを設置しました。
その後、kindle本でも出版致しました。

少しでも多くの方に、合格するための受験申込書の作成方法をマスターしていただき、受験受付を無事済ませ、論文対策に入っていただきたいと思います。

−目次−
1.受験科目・選択科目の選び方
1−1.受験(技術)部門はどのように決定すればよい?
1−2.選択科目はどのように選んだらよい?
1−3.超重要!専門とする事項の記載方法
1−4.第1章のまとめ

[コラム]受験申込書の記載は、PDF入力がよいか手書きがよいか

2.業務経歴票の書き方
2−1.業務内容記載時のポイントはとにかく平易に!
2−2.従事期間の考え方
2−3.業務内容の詳細に選ぶ項目は何がよいか?
2−4.大学院の経歴欄は必ず書くべきか?
2−5.絶対間違えてはいけない業務内容の記載の方法
①技術士の業務とは計画、研究、設計、分析、試験、評価のみ!
②勘違いしてはならない!”技術士としての業務”記載時の注意点
③若い年代の技術士候補で「地位・職名」でない場合の記載方法

[コラム]受験申込書の記載内容に関して、相違ないことを証明するための印鑑は誰にもらえばいいの?

3.業務内容の詳細の書き方
3−1.概要
①文字数と図表の扱い
②「当該業務での立場、役割、成果等」に隠された真意
③私の受験申込書の「業務内容の詳細」の骨子を披露!
3−2.各項目の記述ポイント
①タイトル
②業務概要
③立場と役割
④技術的課題、問題点
⑤課題抽出理由
⑥成果
⑦評価と展望

[コラム]業務内容の詳細はWordで書いた方がいいですよ

こちらでも販売開始しました!
kindleアンリミテッドの方は無料でお読みいただけます!

古い本ですが、わたしが受験前に読んだ本です。
(法改正により、色々参考にならない部分もあります。)
指南書とは言えませんが、これから試験に臨む場合に、1冊くらいこの手の本を読んでおくと全体像がつかめますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です